直接相談して対応力を見極めよう!

担当者との相性をチェックする

宣伝や自社商品の販売を目的にWebサイトを開設する企業は増えています。サイト制作を外部の業者に依頼する場合に注意しなくてはいけないのが担当者との相性です。一口にWeb制作と言っても、PCサイトや携帯電話といった利用する媒体や内容によって納期までの期間に大きな違いがあります。デザインなど細かい指示を出す場合には、依頼から実装まで数か月掛かってしまうケースも珍しくありません。長い付き合いになるからこそお互いの相性が大きく影響してきます。専門の知識がないクライアントに対して上から目線で専門用語を羅列して分かりにくい説明をしてくるようであれば避けるのが無難です。逆にクライアントの立場に立って丁寧に説明をしてくれる担当者であれば信頼できると判断できます。

制作会社の得意分野と柔軟性

需要の増加に伴ってWebサイトの制作を専門とする業者の数は増えていますが、全ての業者が同じ業務を行えるわけではありません。企画や運用など会社によってそれぞれ専門としている分野は異なります。業者の中には依頼を受注したいがために専門分野以外の仕事も引き受けようとする会社も少なくありません。サイト制作は携わる人間の専門性で仕上がりが大きく変わります。依頼する内容を得意としているかどうかを調べることが大切です。専門性と共に重要となるのが柔軟性です。マニュアル通りの仕事ではなく、作業途中でのデザイン変更などクライアントの要望に柔軟に対応できるかどうかも業者の実力を測るポイントになります。依頼の段階でどの程度まで対応できるかを見極めることも忘れてはいけません。